殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚して

殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚しているというデータがあります。妊活をしている人にとって冷えは天敵で、体を冷やさないようにすることも、大事な妊活の一環です。そこで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。実際に、このようなものを使ってから、妊娠することが出来たという声もあり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと言ってよいでしょう。妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠していないときより多めとなり、480μg、妊娠前の約2倍の量を摂れば不足にも過剰にもならない量です。葉酸の重要性は知られていますが、過剰摂取も問題があります。



大量の葉酸を摂り続けると全身の症状として、発熱やかゆみなどを生じる危険性もあるため毎日たくさん摂るのも考えものです。日常の様々なことに気を配る必要のある妊活ですが、肉体的なアプローチとして行っていただたいものと言えば、歪んだ骨盤を整える事です。



体に負担がかからない簡易なストレッチ方法などを紹介する動画がアップされています。


直接的に妊娠に繋がる子宮や卵巣は骨盤内にあるのです。

ですから、骨盤の歪みを整え血液の流れを良くしてあげることで体の内部から温まり、妊娠しやすくなるということです。ビタミンB群である葉酸は、レバー、ほうれん草などに多く含まれると知られていますが、継続して摂るとすれば無理があって、所要量を満たすのは結構難しいことです。
とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事から摂れる葉酸だけで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。
食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で葉酸が不足しない生活習慣を作れると良いですね。妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も多いのではないでしょうか。

当然知らなければならないのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。



名前の通り、葉酸は葉物野菜を食べれば摂れる栄養素です。



それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでドクターにもおすすめだと言われて、よく食べました。

妊娠中の便秘を防ぐためにも、マンゴーは良いそうです。
母体内の胎児の発育を促し、先天性障害の危険性を低くするために、葉酸は積極的に摂って、必要量を確保しなければならないとかなり知られるようになりましたが、ビタミンB群の特長として、熱分解されやすいので、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日続けられるものではありません。
水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法をぜひ学んで欲しいと思いますし、補充のためにサプリメントなどを活用することもぜひ取り入れてください。葉酸が妊娠初期に不足した場合、胎児に異常や障害が起こる原因となる危険性もあります。



代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を起こしてしまうことがあり、障害が重いと無脳症になるため流産、死産という結果をもたらします。このような障害のリスクを下げるために、葉酸は妊娠の判明後すぐに意識して摂ることが望ましいのです。



健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であってもなるべく、体に悪い影響をもたらすものを避ける必要があります。



ですので、禁煙してください。

タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、健康を損ねる恐れがあります。



現在喫煙者中の方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。


お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後から葉酸サプリを購入して飲み始めました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせかされたのですが、いつまでサプリメントを飲めば良いのかについては言われた記憶がありません。私の場合、1袋飲んだ後で次を買いませんでした。


けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、葉酸サプリをまた飲むようになったのです。葉酸を十分に摂取するため、日々の食事からの摂取に限らず、サプリメントなどを補助的に飲んでしっかり量を確保すると良いでしょう。妊娠している女性や、産後の女性など葉酸をかなり多く摂らなければならない状況であっても摂取できる葉酸の量が、食事だけでは不十分なときや、改善されにくい貧血の治療の中で、造血機能を高めることをねらいとして筋肉注射で補給することもあります。