ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき

ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。
葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。


積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも望ましいものです。とはいっても、ただ摂取するのではなく、もっと妊活の助けになるような摂り方が出来るのが理想的だと思いませんか?ご存知ないかもしれませんが、果物の中には冷え性の改善が期待できるものがあります。


代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。生の状態でももちろん、加工されたドライフルーツでも十分です。

表面的には何もかかわりがなさそうですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、とても深い関連があるということが判明しています。日々の絶え間ない研究の成果により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。


妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。

妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方は早いうちに診てもらった方がいいでしょう。特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。



妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかというやや厳しい指摘があります。その理由は、妊娠初期こそ毎日葉酸を摂取していることが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。



ですから、妊娠を考えたときから葉酸をしっかり摂取することが肝心だと言えます。毎日葉酸を摂取するといってもいろいろあるわけです。一番手軽なのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。けれども、葉酸は熱に弱いので食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。
毎日きちんと葉酸を摂るためにも補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。

いつ飲めば良いかというと、食事後が最も効果的です。葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。何をどれだけ食べれば葉酸が十分に摂れるか調べるのが大変、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいと頭を抱える方は、葉酸を強化した食品や栄養補助食品からも、効率よく摂取できます。
健康な赤ちゃんが生まれるように、無理のない方法で、葉酸を必要な量だけ摂れるようにしたいものです。日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に人気があるのが妊活アプリです。



基礎体温のデータを保存することが出来たり、おおよその排卵日を予測することが出来たりとアプリを工夫して活用することで手間が省けて効果的です。また、女性だけではなく、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。うっかり忘れやすい妊娠の確率が高い日を知らせてくれる機能があるので自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。近いうちに妊活に入っていく女性が行うべきことはまず初めに、母親となるために体内のコンディションを整えることです。
いつもの動作の繰り返しで特に骨盤にゆがみが出てきます。


そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。


整体院のうち不妊やマタニティを専門に行うような治療院も増加中です。
赤ちゃんが出来やすく、過ごしやすくするため骨盤矯正を行いましょう。妊活の最中はよく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。


カフェイン入りの飲料は受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり妊活をしている時には避けた方がいいでしょう。


体内を温める作用のあるお茶でノンカフェインのものが最適です。成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方薬として使われることもあるたんぽぽ茶などが良いと思います。女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。

そのためその変化が身体にとってストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。

妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが引き起こされるのですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となる場合も少なくありません。

ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減する重要な働きをしているのでつわりの軽減にもつながると言えます。